廃車 買取
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「廃車寸前でも値段がつくって本当…?」「廃車にするときの最善な方法が知りたい!」

車を廃車にした場合、買取をしてもらうことは難しく、いくらか費用がかかるケースも珍しくありません。

長年乗ってきた愛車…故障続きで廃車にすべきか悩んでいる方!

ただし車の状態やクラス、車種によっては少額ですが買取業者へ売却することもできます。

この記事では廃車にしたときの買取相場と少しでもプラスにして手放す方法をメインに詳しく解説していきましょう。

1:状態/車種次第で売却が可能【廃車の買取相場一覧】

車の状態と車種によって買取をしてもらえる可能性があります!

軽自動車

1,000円〜2万円程度

カローラクラス

1万円〜3万円

クラウン系統クラス

2万円〜

セルシオクラス以上

3万円程度

この表はあくまで参考までに頭に入れておいて欲しいのですが、廃車寸前の車でもこの程度は値段が付きます。売却方法さえ知っていれば廃車寸前であっても、廃車であっても値段をつけて買取してもらうことができるのです。

2:廃車に値段がつく2つの理由

なぜ買取業者はお金を出してまで買取をするのでしょうか?

この答えは次の2つが理由です。

  • 海外には購入者がいる
  • 解体をしてパーツや金属を販売できるから

廃車になった車を使って、業者はまだまだ儲ける術があったのです。といっても儲けることができなければ、業者も買取はしないはずですよね…

それではそれぞれの理由を詳しく解説していきましょう。

理由①:海外には購入者がいる

日本では10万キロ以上走っている車を懸念する人が多くいますが、海外ではこういった走行距離の目安や車に対しての感覚が大きく異なるため購入者が多くいます。

特に日本車だと10万キロ以上走っている車でも買い求める方は多くいると言います。

さすが日本車!世界では日本の車を故障しない車、丈夫な車と認知されているのです。

な所有者が廃車にしたいと思っても動く限りはまだまだ海外には販売先があり、買取業者はこういった海外への輸出ルートを持っているため廃車の車でも買取を行うのです。

理由②:解体をしてパーツや金属を販売するから

買取業者は車を買取しているのではなく、車に付属しているパーツや鉄くずなどの金属を回収することができるから買取を行っています。

車自体に価値はまったくないことはわかっていますが、パーツや鉄くずには価値がつくから買取をしているのです。

車体の大半は金属で出来ており、全てを解体してこれを売却することによって買取業者は儲けを出しています。

3:廃車の買取価格を1円でも高く!2つのコツを伝授

廃車寸前でも値段がつく可能性が十分にあることがわかりました。

そうなれば1円でも高く売却したいものですよね。こうお考えの方へ向けてここで次の2つのコツについて詳しくお伝えします。

  • 廃車専門の買取業者を利用する
  • 一括査定サイトを利用する

3-1:廃車買取業者を利用する

車を廃車にするなら、廃車買取業者を利用しましょう。

選択肢

費用

廃車買取業者

0円(状態や車種によって買取可能)
ディーラーへ廃車依頼

〜10万円

解体業者等

〜約5万円

上の表をみてわかる通り、廃車買取業者を選ばなければ必ず費用がかかります。

また、廃車買取業者を利用すればほとんどの場合買取をしてくれ、プラスで車を手放すことができます。

そして、廃車買取業者の中でも廃車手続きとレッカー代がかからない買取業者を選ぶことも重要です。きちんとした廃車買取業者であれば、廃車手続き、レッカー代は負担してくれます。もし、この2つのどちらかでも請求をしてくれば別の廃車買取業者を選ぶことをおすすめします。

3-2:一括査定サイトを利用する

一括査定サイトは、廃車を売却したい方にもぜひ利用して欲しいサービスです。

一挙に複数の買取業者へ車の査定を送ることができるため、自分の車がどれくらいの買取相場であるのかも同時に把握することができます。

相当なダメージを受けていない限り、いくつかの買取業者から査定の見積もりを受け取ることが可能です。

廃車買取業者を一括査定を使って探すなら、カーセンサーがおすすめです。廃車専門に買取をしている業者や優良買取業者が多く登録しており、高く買取してもらえる可能性があります。

まとめ

廃車でも買取をしている業者があること、買取額を少しでもあげる方法があることをお伝えしました。

廃車の買取相場は『0円〜10万円程度』です。少しでも値段が付くことがわかれば売却も苦ではないですね!

今回は廃車が買取してもらえる前提で話を進めてきましたが、実際は車の状態や車種によって買取対象外となることもよくあります。

全てが買取対象ではないということも理解して実践してみてください!